上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと前ですけど友達Y氏と映画見に行ってきました!その名も…『オトシモノ』。いやあの本当は親指探し見にいきたかったんですけど、期限 きれてた…!もう既に上映してなかった!ショック!
Yはグエムル(あのグエムルっちゅー怪獣がどどーんってきてばこーんって壊して、 しゅぱぁああああ…って華麗にどっかの父親の娘さん連れてく話。 
どっかの父親「ま…まってくれ!箱入り娘なんだ!孫の顔を見るまで連れてかせんぞグエムルゥウウウ!」  
グエムルさん「何言ってんだおっさん!もう箱の中ギュウギュウなのにさらに同士を詰め込まされるミカンの気持ちも考えてみろ!ダンボールたまに納豆臭いんだぞ!」
…っていうちょいワル親父もポロリの涙涙のコメディー。
*怠惰はグエムルに興味があまりない為少々というか多々間違っているあらすじがあるので信じない方が懸命です)、見たかったっぽいけど無理矢理ホラーに転換させました怠惰が。こいつ最低ね!

というわけで以下の分はオトシモノの感想となりますので、
*オトシモノ後で見るつもりなんだよね~
*オトシモノ超オモシロかったっ☆★
*ぼく、映画感想って最低で卑劣な行為だと思ってるんです
*辛口感想なんてヤダヤダッ!超面白かったのになんでそんなことゆーの★☆!!(>д<)

とかなんとか一つでも当てはまった方はばっくした方がよろしいかと…。注意を読んだうえでOKOKOK牧場!てなひとは続きへどうぞん。
ちなみに読みきったあとの苦情は一切受け付けませんのでご了承ください。

堅っくるしいこと言って疲れたと思いますんで、じゃあ感想どうぞん↓





オトシモノはなんかどうだろう…、ホラーは最初から最後まで満点!
というか殆どのシーンに失神しそうになりました。
て言えるんだけども、他はあんまり…(´ω`;)
あ、でも主人公の奈々と香苗が仲良くなってくのはすんごいなんか、お前ら青春してんなあ…!ってかんじでなんだろうなあ。女の子独特の仲の良くなり方が可愛かった(´v`)

ちょっと本編こっから入ります↓↓

ベランダから男の子がどさっ…て来たときは死ぬかと思いました。怖いよ…!
肌の色が変色してる意味はあったのかなあ。いや、そういう工夫でなおさらに怖かったんだけど、別に水の中で死んだんじゃああるまいし…。

*奈々の妹(名前忘れた!/むしろ出てきましたっけ?みたいなは定期券を、香苗は腕輪を、ってそれぞれ青沼さんのオトシモノを拾うんですけど2つも落とすってアンタ…!
しかもそれで死人でちゃってるから てへ☆やっちゃったぁ!じゃすまないよ青沼さァーん!

*それでなんかどうにかこうにかなって、突撃☆となりの晩●飯並に何か知らないおばはんお姉さんの家にお邪魔した香苗。(どうして家あがったのか覚えとけや!
…えっとなんか青沼さんに襲われちゃって、かなえ☆大ピーンチッ!ってときにおばはん助けてくれて、気絶してたから 仕様が無え、家にあがらせるか…みたいな男気であがらせてくれた…みたいな…(←超自信無さ気

香苗が隣の部屋に不法侵入してその日の夕食を調査してる内に、奈々と俊一はイチャイチャモード…もとい、青沼八重子に関する情報を調査しているうちに、原因が青沼さんがよく出没する駅の間のトンネルにあるっていう情報をつかんだ…っぽい から、奈々は香苗に電話かけてちょっとその駅いってきます二人でって感じだったんだけど、なんか嫌な予感がするような気がするような感じだから私もいくよーってなフンイキで香苗もオバハンの車かりてオバハンとドライブです。ヒャァッホーイ!


夜風が涼しく、星がまばたく…。二人はきれいね、といって余所見運転しながらドライヴィング!
けれどそんな楽しいドライブも終わりを告げます…。
なんか後部座席の窓がバンバンうるさいからなんじゃらほいって後ろみたら青沼さぁーん!きましたきました『いけませんこんな時間にドライブなんかしちゃ!事故にあったらどうするの』って叱り付ける母親のポジションを守るために我らが青沼さんきました!
咄嗟におばはんを強制的に外に非難させた香苗。そして目の前には踏み切りが!慌ててブレーキを踏むものの、電車に突っ込み、車ごと消え去ってしまうように轢かれた香苗…。
で、なにやらここで香苗がおばはんにむかって奈々に伝えてって遺言ぽいの言ったんですけど、これまた忘れました!あっちゃ!

*でまたなんやかんやでトンネル(の中の洞窟)についた奈々と俊一。追いついたおばさんも仲間に加わります。で、最深部に人の山があって、妹を見つけて起こすと生きてました。よかった、と安堵の息をつく姉妹を尻目に、なんか腹に刺さっちゃったおばはん。
青沼さんが死んだ時に妊娠してた子供が実はおばはんだったという事実がここで明かされます。話すだけ話すと逝ったおばはん。え…っ?そんな話せたんなら生きてけたんじゃね…?

*で、なんか人の山がもぞもぞ動き出して妹連れ出して逃げる奈々を追いかけます。うぎゃああああゾンビぃいいいいい!
俊一の電車に乗り込む奈々(行きは電車で、俊一が運転してました)。そこでまたすさまじい数のゾンビが電車に圧し掛かるんですが、そんなん知って堪るかとばかりにあっさり轢いちゃう俊一。 アンタ…!それ轢いてるけど元は何の罪もない一般人やで…?もうグロいとかそういうの乗り越えてこの人爽やかだ…!

*またまたなんやかんやでトンネルを抜け出せた奈々とその妹。「後始末は俺がやるから」といってその翌日のニュースでトンネルを爆破した罪で逮捕された俊一。
彼は、最後までミスター爽やかを演じきりました…!たとえ、獄中生活を覚悟してもさっぱりやりたかったんでしょうね。でももっとマシなやり方なかったの…?

*そのまた翌日、電車で学校に向かう奈々。後ろのベンチには香苗が笑って待っていた…。と思いきや幻でした。そして空を見上げて 「ありがとう、香苗…」と言って通学した奈々でした。


物語はこれで終わっちゃうんですけど、再びちょっと私的な不満をば…。
*↑でも書きましたけど、俊一過激すぎないかなあ…
*奈々の妹は無事に帰ってきたけど、他のオトシモノに巻き込まれた人は帰ってきてなかった模様(香苗がいい証拠かな)。いや、あの俊一が一生をかけてせっかくトンネル爆破したんだからさ、戻ってきてもええんちゃう…?
*なんか結局オトシモノの原因がわからなかったような…?
*あと物語のクライマックスに行くにつれて展開が速すぎたような気がする。説明しきれてない部分も多々アリ。

おばはん要るの…?


以上でした!

殆ど覚えてないのは記憶力の悪さと劇中半分ぐらいは怠惰が手で目を覆っていたからですスイマセン…。
もしかしたら怠惰が文句ブー垂れたところが公開されてるかもしれませんウフフフフウフフ! (シャレにならないよ!


スポンサーサイト




オトシモノ見に行ったなんてスゴッッ!
【2006/11/26 10:01】 URL | 麻美☆ #-[ 編集]
あたしは怖い系見てみたいけど怖いって思っちゃう人なんでオトシモノは絶対ムリ!!
PS→テンプレかえたんだ!なんかタイダっぽいかも((^m^*))
【2006/11/26 19:51】 URL | エルク #-[ 編集]
ミスター爽やかって…。
カッコイイなあ。ミスター爽やかクン(藁)
【2006/11/27 19:55】 URL | 麻美☆ #-[ 編集]
>えるく
クリスマスなんて嫌いですから…。サンタさんなんて信じてませんから…。
怠惰さんのおうちにはおととしからサンタさんが来てませんよ!
>酢漬け麻美
いやほんとにあいつの後始末のつけっぷりはすさまじかった…!トンネルから煙でてるしよぉ…。
【2006/11/28 21:58】 URL | たいだ。 #4BGGwWW6[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絶対怠惰宣言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。